節分と恵方巻

2月3日は節分ですね。

小さい時は、4人兄弟総出で家中に豆をまきまくった思い出はあるのですが、その後それを拾った記憶が全くないです。どうしてたのかな? 母が全て拾ってくれていたのでしょうか?

最近は節分というと豆まきより恵方巻の方が有名のようですね。

もともと関西地方(大阪のみ?)の習わしだったこの恵方巻、私には、つい最近まで何の事だかさっぱりわかりませんでした。最近知り得た事は、、、

<恵方巻き>
節分に食べると縁起が良いとされている太巻きの事で、具は七福神にちなんで7種類。
縁を切ってしまうという事につながるので切らずに食べる
福が逃げるという事につながるのでしゃべらずに食べる
そして、その年の縁起の良い方向を向いて食べる=今年は西南西

だそうです。

ちなみに、<節分>は季節の分かれ目、という意味も含まれているそうです。本当は立春となるはずですが、これから、よりいっそう本格的な寒さの冬がやって来そうな勢いです

また、豆まきの豆は自分の年齢分を食べると、その後の1年も健康に過ごせるという言い伝えがあるそうですが、ご存じでしたか?

美和子

 

 


miwako curtis
miwako curtis

Author