ハレアカラ

マウイの情報サイト<Maui24/7>にこんな記事が載っていました。

 要約すると、、、

ハレアカラナショナルパークには、2017年だけで、すでに1275個の溶岩石の返却路受けていると。その数、月100個以上。
添付されている手紙にはPele(ハワイの溶岩の神様)への謝罪が添えられていることも。

古くから、ハレアカラの岩を持ち帰って人には災いが降りかかる、、、と言い伝えられております。しってか知らずか、好奇心か、ただのお土産感覚なのか、溶岩石を持ち帰った人には、本当に災いが降りかかり、慌てて、ハレアカラナショナルパークへ送り返す、、、ということだと思います。

日本でも、富士山の岩石も同じように言われているかと思います。また、水中の珊瑚もしかり。

石や珊瑚には名前が書いてないので持ち主がいない、、、のではなく、自然界のものなのです。

自然界にbelongしているものは、そのままそこから動かさないでおいてあげるのが、人間界に生きる私たちにできることで、共存するための道なのだと思います。

マウイでの観光名所の筆頭、ハレアカラ。行かれる方は多いと思いますが、どうか、何も残さず、何も持ち帰らず、、、でお願いいたします。使い古された言い方ですが、
「残すのは足跡だけ、持ち帰るのは思い出だけ。。。」

HALEAKALA NATIONAL PARK RECEIVES HUNDREDS OF RETURNED LAVA ROCKS: Leave rocks alone, don’t take them home! Haleakalā National Park receives hundreds of returned lava rocks every year. In 2017, we received 1,275 rocks—about 100 per month!

Letters of apology to Pele, the Hawaiian goddess of fire and volcanoes, often accompany these rocks. Expressions of regret over taking the rocks are common; people attribute misfortune in their lives to the taking of rocks and they apologize to Pele for their error.

This view may be rooted in the Native Hawaiian belief that plants, animals, and rocks are imbued with spiritual significance. Hawaiian culture teaches that nature is the physical manifestation of Hawaiian gods and goddesses. The Hawaiian value of malama ‘āina (caring for the land) is connected to this belief and promotes respect of the natural world.

Due to concerns over introducing foreign bacteria and diseases, which can harm endangered native species, the National Park Service freezes the returned rocks for one month, before placing them in the gardens in front of our Summit District visitor centers. We can’t return rocks to the crater because doing so confuses the geological story - we don’t know what part of the volcano the rocks came from. So please leave the rocks alone, don’t take them home!

c/pc: Haleakala National Park

 


miwako curtis
miwako curtis

Author