チップという習慣

これ、結構な頻度で質問をいただくので、お答えいたしますね。

文化の違い、まさにそのものなのですが、アメリカには”チップ”(tip, gratuity)という習慣があります。サービスを受けたら、そのサービスに対するお礼の気持ちをお金で表します。

チップに馴染みのない日本の方でも、アメリカのレストランではチップを払う、、、というのはもう認知されていると思います。

では、その金額なのですが、、、、
レストランの場合、通常は税抜き料金に対し15%、良いサービスを受けたなと感じたら18%、とっても良いサービスだったと感じたら20%。 逆にいいサービスではなかったな、、、というときには12%など。
ホテルの枕銭$2~、ポーター$3~5、荷物を持って来ていただいた場合は1個あたり$2~5くらいでしょうか?

さて、結婚式の場合はどうなのか?
チップは必要か不要かで言いますと、、、実は、”要”なのであります。もちろん、お気持ちなので、強制でもありませんし、いいサービスじゃなかったな、、、と思われたならお渡しいただかないというチョイスはあります。
ただ、結婚式で”いいサービスじゃなかったな。。。”と思われることはとてもまれなこと(のはず!)です。
頂かなかった場合、”自分は何か粗相をしたのか?”  ”何か気に入らないことをしてしまったのか??”と気にしてしまうベンダーもいます。頂いた場合は”お喜びいただけたんだ!”と、明日への活力につながってるようです 笑

また、何か特別なサービスを受けた時には、多めにお渡しいただくと良いでしょう。(例えば、牧師先生に歌を歌っていただいた、美容師さんにオーダー以上のことをしていただいた、時間に遅れてしまった、、など)
もちろん、弊社のベンダーさんは、チップを頂いても頂かなくても、いつでも高クオリティーなサービスをしてくれますので、そこはご安心を♪
まれにアメリカ人のお客様でもお渡しにならない方もいらっしゃいますので、本当に人それぞれなのですが。。。

日本人同士の場合、「お金を渡すのはかえって失礼になりそうで、、、」と思われる方もいらっしゃるかもしれないのですが、アメリカで生活をしている日本人です。カルチャーはどっぷりアメリカ式なので、そこはお気になさらないで大丈夫です。

おまけ:
先日たまたま見たレストランでの光景
1、20代くらいの女性が2人で来店し、メニューを見つつお水を飲んでました。そこへご友人が通りかかって、他のレストランへみんなで行くことに、、、
すまなそうにお店を出る時に、さりげなくテーブルに$2を置かれていかれました。多分、サービス業に従事される方達なのでしょうが、これで、このお二人の心証はグン!とUP。きっと次回、このレストランへ来店さ
れた時は、倍返しで素敵なサービスを受けられることでしょう。
2、小さな2人のお子様とご両親、計4名でお食事をされているご家族。お食事の途中でも子供たちは大騒ぎ、、、でも、それはいいのです。みんな、子供だった時代があるのだから、、、 ただ、お食事が終わりレストランを出られた後のこの家族のお席は悲惨なことになってました。テーブルの上はもちろんのこと、足元にも食べ物が散乱し水浸しに、、、ウエイトレスは、次のお客様をご案内するまでの短い時間でしっかりと綺麗に片付け、、 で、このご家族が置いて行かれたチップが実は10%もなかったとのこと、、、

同じ日に2組の対照的な出来事を見て、自身を鑑みた私でした、、、

ご参考にされてください。

美和子


miwako curtis
miwako curtis

Author