ケアワライ教会挙式

挙式できる曜日が限定されていたり、挙式に先立ち、牧師先生とのミーティングがあるなど、マウイ島ではちょっと珍しい教会、それがケアワライ教会です。

ですが、実はローカルに一番人気なのもこの教会です。

個人的に、、、マウイに住んでいたりマウイが大好きな超リピーターの私の友人は、なぜかほとんどがこのケアワライ教会で挙式をしています。

牧師先生は、日系のアリカ先生。挙式をしたカップルからのお手紙やお写真などをとても大事にされていて、これから挙式をあげようとされるカップルにお見せになられています。

”あなた方がこの教会での挙式を望んだのは、もしかしたらこの立地条件だったのかもしれません。もしかしたら教会の外観に惹かれたのかもしれません。それはそれでいいのですが、教会というのは実はそういうものではないのです。教会とは、そこに集まる人たちで作り上げていくもの。今日からあなた方もこの教会のOHANA(家族)の一員です。いつでも、故郷へ帰るように教会へ戻ってきてください”
とのお話とともに、、、

実際、私の友人はマウイへ来るたび、またはマケナへ行く度に教会に立ち寄っているようです。

そんなアリカ先生、昨日お話をしたら2020年には引退をするとのこと、、、、 もし、以前にこちらで挙式を挙げられた方がいらっしゃいましたら、どうか、近況のお写真とともにお手紙などを送ってあげてください。きっと、喜ばれると思います。

この教会のもう一つの特徴は、”ユニティーキャンドル点火”。今までは別々の生活を送ってきた新郎新婦が今日から一つになります、、という意味を持つもの。点火役は、お二人をこの世に送り出してくださったお母様によって行われることが多いです。キャンドルに点火をされたご両家お母様、そのあとはお二人手をつないでゆっくりと祭壇をあとにします。

私の大好きな儀式でもあります。

美和子 

 

 


miwako curtis
miwako curtis

Author