もしもう一度、、、

先日、ロコのサーフィン仲間から”来年娘が結婚するんだけど、美和子だったらどこでやりたい?”と質問されました。
”お仕事を通してマウイの結婚業界を知り尽くした君が、もしもう一度、自分の挙式をするとしたらどこで?”と、、、

100-200人規模(アバウトだなぁ 笑)で、挙式&もちろんレセプションあり。

いっぱいあって一つには絞れないけど、絶対に言えることは 挙式〜レセプション会場、そしてゲストの宿泊地が近いこと。
やっぱり、ゴルフクラブのクラブハウスがいいかなぁ〜? 今なら海にはこだわらないかな? 会場から海が見えたらいいな、、、くらい?

ちなみに、、、
私の挙式は、日本人+アメリカ人の挙式としては、多分、結構大きなものでした。ロコの友達はもちろん、日本からも主人の出身地のオハイオからも、これそうな人はみんな来て〜!というスタンス。なので、結婚式に参列してくれる友達に便乗してマウイへたまたまその時期に来た人も出席、その日が初めまして〜の人もいました(笑 その後はすっかりいいお友達です♪)

 挙式は、まだビーチパーミットのいらなかったマルアカビーチで、前日から前のホテル(その頃はマケナプリンスホテル)に泊まってくれたマウイの友人が場所取りをしてくれて、年配の方のための椅子まで用意してくれて、、、(今はできません)

挙式後のレセプションは、ワイレアブルーコースのクラブハウス”Mulligan's"を貸し切りました。 オーナーが主人の友人で、”Mulligan's"初のウエディングレセプションということで、お互い手探り状態、、、おかげでとってもリーズナブルに提供していただいたのでした。 

ゲストへのリクエストはただ一つ。
日本人女性は浴衣、日本人男性は甚平やら浴衣の着用をお願いしました。 父だけが羽織袴で腰に差した扇子が”KATANA(刀)だ、、、” ”Brad(旦那)切られるぞ、、、” とアメリカ人、ざわざわ、、、も今となってはいい思い出 笑

友人による生演奏に、ケーキ、テーブル装花、母のたっての願いで全員で踊った新潟甚句、、、、

なぜか、天候のことは心配していませんでした。降ったら降ったでなんとかなるかな?と、、、これぞ究極のマウイスタイル? 

で、最初の答え。
うん、そうですね。やっぱり、次も似たようなスタイルで行うかなぁ、、、 でも次は挙式会場からレセプションの移動は無しで行きたいな、、、そんなとこかしら?

この友人の娘さん、どこでやることに決めたのか、私も楽しみです♪

美和子

 


miwako curtis
miwako curtis

Author